矯正治療の流れ

1.矯正相談
歯並びを治していきたくても、「どれくらいの期間がかかるのか?」「どれくらいの費用がかかるのか?」等、気になること、分からないことがいくつかあると思います。 そこでまず、さまざまなご質問をもとにカウンセリングさせていただき、納得していただいたところで治療をスタートさせていただきます。 はじめての方でもお気軽にご相談ください。(矯正相談料¥3,000)

2.基本検査、診断のための資料取り
通常の検診と同様に、虫歯や歯茎のチェックから始まります。これは矯正治療の障害となるリスクファクターを洗い出すことで、必要があれば先にそちらの治療をすすめていくことも十分に考えられるからです。 その後診断に必要な資料を採得します。 資料には、頭部レントゲン、顎全体のレントゲン、顔貌ならびに口腔内写真、歯列の模型などがあります。

3.分析診断、診断の説明
現状の分析結果と将来の予測をし、分析結果を踏まえた治療方針の提示と具体的な治療計画の提示をします。

4.矯正治療開始
ケースによって適切な装置を用いて治療を開始していきます。 治療中のブラッシングには特に注意しましょう。 食べ物では特にガムやキャラメルなど粘着性のあるものはできるだけ避けてください。 癖になっている悪習癖(頬杖、舌癖など)は、なくすように意識する習慣をつけてください。 治療の合間には、装置の調整とは別に、歯ブラシではなかなか取りにくい歯石や汚れのお掃除を定期的にさせていただきます。

5.保定、矯正治療終了
矯正装置を外し、動的な歯並びの治療の終了と治療結果をご説明させていただきます。 歯にはもとの位置に戻ろうとする本能的な作用があるため、それを防ぐための装置(リテーナー)を使って保定という段階に入っていきます。

矯正料金のご案内


 

1期治療(床矯正)

2期治療(本格矯正)

1.基本検査料

\75,000

\75,000

2.分析診断料
(治療開始後第2回目に納入)

-

\25,000

3.基本施術料
(治療開始後第3回目に納入)

-

\150,000

4.装置料 (下表を参照下さい)

下表を参照ください 下表を参照ください

5.調節料

\3,000/回

\6,000/回

6.保定装置料(片顎)

-

\35,000

7.観察料

-

\3,000/回

装置料

リンガルアーチ \30,000
唇側弧線装置 \33,000
マルチブラケット \275,000
セクショナルアーチ  \125,000
機能的顎矯正装置 \58,000
機能的顎矯正装置(拡大ネジ付) \62,000
床矯正装置(片顎) \25,000
拡大床矯正装置(片顎) \54,000
Wタイプ拡大装置 \60,000
急速拡大装置 \55,000
急速拡大装置(スケルトン製) \58,000
ダイナミックポジショナー \67,000
ヘッド・ギア \68,000
チン・カップ \56,000
前方牽引装置 \70,000
ホールディングアーチ \33,000
パラタルバー \30,000
リップバンパー \37,000
タンググリブ \40,000
スライディングプレート \55,000
オーラルスクリーン \39,000
口腔衛生指導料 \3,000
口腔筋機能訓練指導料 \3,500

よくある矯正治療Q&A


Q.抜歯は必ずしないといけないのでしょうか?

Q.土曜日しか通院できませんが大丈夫ですか?

Q.矯正治療の期間はどのくらいかかるのでしょうか?

Q.いつから矯正治療をはじめるのがベストでしょうか?

Q.矯正すると虫歯になりませんか?

Q.旅行に行っても大丈夫でしょうか?

Q.ブラッシングは特別な歯ブラシや歯磨き粉が必要なのでしょうか?

Q.親知らずがある場合、何か問題がありますか?

Q.支払いはどのような方法がありますか?

Q.留学あるいは転勤することになったらどうしたらよいのでしょうか?

Q.医療費控除の対象となりますか?